スポンサーリンク
論考

【住宅営業】心が動く、一転突破の営業論

人々のニーズは千差万別である。故に、様々な集客の切口を用意しておく。こうした考えで集客の仕組みが構築されているケースを見受けます。しかし、集客の本質は「一点突破である」と考えるべきです。特に工務店営業においては、この考え方がとても効果的なのです。
書評

行動指針『人間学(行動の原理/人生の原則)』

『沈丁華 言葉少なに 別れけり』こういう句をさりげなく配する粋を本書から学びたいものだ。これは、本書『人間学』(伊藤肇)の解説 に記されている藤田忠司氏の言葉です。本書を読み終えて、この藤田氏の言葉の響きに相乗りするのが良い、とそう感じています。
書評

新しい自分『人生が変わる最高の教科書論語』

博く文を学びて、これを約するに礼を以てせば、亦以て畔かざるべきか。これは、本書『人生が変わる最高の教科書論語』(小宮一慶)で紹介されている論語の一節です。素直に得心の行く一節です。慎み深さをもって学ぶことが肝要であると理解をしています。
論考

【住宅営業】注文住宅工務店が抱える重要課題

『安定集客』と『高契約率』を維持する為に、「確かな心の動き」を生み出す「営業技術」を開発しました。◉心が動く!『住宅FP営業』 「4つの情報」を伝えることで、お客様を集客、相談、契約に導きます。気になる情報、相談したくなる情報、早期契約に導く情報等々
論考

【住宅営業】心が動く!(集客~相談~契約へ)

『安定集客』と『高契約率』を維持する為に、「確かな心の動き」を生み出す「営業技術」を開発しました。◉心が動く!『住宅FP営業』 「4つの情報」を伝えることで、お客様を集客、相談、契約に導きます。気になる情報、相談したくなる情報、早期契約に導く情報等々
書評

人生を楽しく生きる方法『還暦からの底力』

『60歳は、人生の折り返し地点に過ぎない。』これは、本書『還暦からの底力』(出口治明)に記されていた言葉です。この言葉が放つ、強いメッセージ、理解できますでしょうか?「60歳が人生の折り返し地点なの?」と思われる方が、大半ではないでしょうか?
書評

思索は言葉から始まる『人間の建設』

その全ての言葉は示唆と普遍性に富む。日本史上最も知的な雑談といえるだろう。これは、本書『人間の建設(小林秀雄・岡潔)』に記されていた言葉です。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談であると紹介されています。興味深く、貴重な雑談です。
書評

古典の叡智を活かす『孫子・戦略・クラウゼヴィッツ』

『戦略を学びたければ、斯界しかいの基本図書「孫子」と「戦争論」の二書に親しんでおく必要があるといわれる。』これは、本書『孫子・戦略・クラウゼヴィッツ』(守屋淳)の「序章」で紹介されている内容を私の方で少し簡略化して表現したものです。実に興味を引く記述です。
書評

合意を目指す『武器としての交渉思考』

『恒産なければ恒心なし』これは、本書『武器としての交渉思考』(瀧本哲史)で紹介されている孟子の言葉です。『経済的な安定がなければ精神的にも安心することはできない』私は本書でこの言葉を知りましたが、とても理に叶った言葉だと心から感じています。
書評

千思万考の友『方丈記』鴨長明

行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。これは、本書『方丈記』(鴨長明)の書き出しの1行です。多くの日本人が暗唱した経験をお持ちのことと思います。私も幾度となく、この響きに心を惹かれて口ずさんだ経験があります。「無常の真理」を想う時期があると思います。
スポンサーリンク