書評

スポンサーリンク
書評

伝えたいこと『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』

『なにもない自分に小さなイチを積み重ねていった。自分が好きになった。』これは、本書『ゼロ』(堀江貴文)に記されている言葉です。最大の窮地の中、自分を究極まで見つめ直し、そして、生まれた希望のこころの声、とても尊いものに感じました。
書評

心と言葉『おだやかに、シンプルに生きる』

『心に吹いてくるさまざまな風を、さらりとやり過ごすことが大事なのです。』これは、本書『おだやかに、シンプルに生きる』(枡野俊明)に記されている言葉です。とても新鮮な感じで私の心に入り込んでくる感じがしました。少し気を楽に人生を歩む生き方もある。
書評

知行合一『安岡正篤最上の人生設計』

『人間は、理性や感性を超越したものによって動かされている。』これは、本書『安岡正篤最上の人生設計』(寺師睦宗)に記されている葉です。心に強く残り、そして、興味を誘う言葉でもある、とそのように感じました。「超越したもの」とは?安岡正篤氏は、それを『無明』と言うと表現しています。
書評

生き方の大原則『向上心』

『言葉は意志を伝え、未来を輝き照らす』これは、本書『向上心』(S.スマイルズ)を読み進めるとともに、少しづつ私の心の深奥で形になってきたものです。S.スマイルズといえば、自助論が有名ですが、本書もまた世界的な名著です。
書評

科学的商談『脳科学セールス』

『新しいものを試すリスクから何もしないリスクへと関心が移ると、損失の恐怖が動機に変わる。そして、今すぐ損失を回避したいと思うようになる。』これは、本書『脳科学セールス』(ジェフ・ブルームフィールド)に記されている言葉です。
書評

比較言語学が説き明かす『日本の始まりはシュメール』

『日本の古代縄文文明がスメル人、エジプト人、バビロニア人によってつくられたことがわかってきたのです。』これは本書『日本の始まりはシュメール』(坂井洋一)に記されている言葉です。この言葉に強く惹かれ、私の「せきがくの旅」は始まりました。
書評

説得力ある文章表現を求めて『論理的に書く方法』

『主張はつねにクールに』これは、本書『論理的に書く方法』(小野田博一)に記されている言葉です。端的な表現であり、素直に私の心に 入り込む感じがしたのです。私は、意志をもって、丁寧に伝えることがとても大切だと考え実践しています。それは、話す場合、書く場合のいづれにおいてもです。
書評

これからのリーダーに知って欲しい『意思決定12の心得』

我々が「意思決定のできるマネージャー」になるためには、直観力、説得力、責任力という三つの能力を身につけなければなりません。これは本書『意思決定12の心得』(田坂広志)の「第一の心得」で紹介されている言葉です。実に得心の行く教えです。
書評

胸奥に沁みる『名言の知恵・人生の知恵』

『青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。(中略)年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。』これは本書『名言の知恵・人生の知恵(谷沢永一)で紹介されているサムエル・ウルマンの詩です。とても勇気づけられる詩です。
書評

見抜く力『ファンクショナル・アプローチのすすめ』

『ファンクションを見抜く力が身につけば状況を正しく分析できます。分析力があれば、それまでの常識を逆転させることができるのです。』これは本書『ファンクショナル・アプローチのすすめ』(横田尚哉)の「まえがき」に記されている言葉です。
スポンサーリンク