胃潰瘍5つを克服できた思考術、今では心の保険に【問題解決の思考術】

問題解決

問題解決の思考技術飯久保廣嗣氏の『ラショナル思考』は、意思決定の効率を高めてくれます。私にとっては『心の保険』です。

スポンサーリンク

素敵なフレーズ

『プロブレム・ソルバー』とは、思考技術(さばく能力)のある人のことです。

スポンサーリンク

こんな悩みのある方へ

いつも忙しくて、心身ともに疲れを感じて
いる経営者の方、管理職の方、
ぜひお読みください!

✅いつも忙しく仕事が終わらない!
✅問題の調査に時間がかかる!
✅決定するのに時間がかかる!
✅計画したことが上手く進まない!
✅下した決定に不安を感じている!

こうした状態の方は、一度ご自身の仕事の
進め方を見直してみることをお勧めします。

仕事を『こなす』状態になって
いませんか?

『さばく』に変えていきませんか?

但し、それには、『思考技術』
身につける必要があります。

私は、『守・破・離』という言葉が
とても好きです。

まずは、参考になる本を手にしてみる。
著者の考え方を知り、共感できるので
あれば、自分にあった形で取り込む
ことです。

自分流に作り直しても良いと思います。

私は、こうした『考える読書』をする
ことで、更に成長できるものと信じて
います。

『読書人生』で、現状の辛い状況を
克服して未来を拓いて頂きたいと
願っています。

スポンサーリンク

著者の考え方

「日本の社会では、こなす管理者が多く
さばく管理者を組織的に教育することが
なかった。(キャリアは別)」

これは、著者の問題提起です。

因みに、「こなす管理者」は、自分の
専門知識や経験から問題を解決します。

「こなす管理者」は、自分の専門外の
問題であってもすぐに受け入れて適切
に処理できる能力を持ちます。

著者の考えは、こうです。

まずは、「さばく質問」で論理的な
プロセスを進める。

答える側に圧迫感を与えないように
「こなす質問」を「さばく質問」の
中に織り込んでいく。

こうした状態を迅速に作り上げる為に
『ラショナル思考』(&EM法)
思考技術として紹介されています。

4つのプロセス(現状把握、原因究明、
意思決定、リスク分析)
で構成されて
います。

この思考技術を使いこなせば、過去の
問題、現在の問題、そして、将来の
問題を把握して、対策をとれます。

勇気をもって、前向きに日々の問題解決
に取り組むことが可能になります。

スポンサーリンク

私の考え方と実践

❶『なにが問題かがわかれば、それはもう
問題ではない!』

❷『限られた時間と情報』の中で判断し、
素早く結論を出す!』

❸『基本計画』と『課題整理表』が
あれば、問題は解決できる!

これは私が『問題解決』を強く意識してき
た結果もった考え方です。

この3つの考え方を実践するためには、
『ラショナル思考(+EM法)』
最適であると確信しています。

そして、この『思考技術』が身につけば、

『こなす』管理職から『さばく』管理職
にスキルをアップして成長できます。

更に、上記を実践する上で非常に大事な
ことがあると考えています。

物事を捌き、建設的に前に進める為に3
つのことを深く理解する必要があります。

❶いざというときの為に、日頃から良好
な関係を築いておく。

❷自分の仕事は最後に行う事とし、まず
周りが動ける環境を構築する。

❸対策に向けて快く行動してもらう為に
『さばく質問』に、ほどよく、
『こなす質問』を織り交ぜる。

これは、
『ラショナル思考(+EM法)』 から
学んだことです。

スポンサーリンク

あなたも悩みを成長に

この本を読み進めると、著者の考えと
ご自身の考えの融合点に出くわすことと
思います。

それは、著者の問題解決に対する熱意
とあなたの解決に向けての意欲が共鳴
するからです。

私にとって、
『ラショナル思考(+EM法)』 は、
『心の保険』です。

いつ、どんな問題が突発的に起きても
そう時間をかけずに、解決の糸口を
見いだす思考技術を学ぶことができ
ました。

著者の飯久保廣嗣氏にお会いでき、
『ラショナル思考(+EM法)』 を
教えて頂けたことに深く感謝しています。

皆様も、ぜひこの問題解決の思考技術
『ラショナル思考(+EM法)』 を
身につけて、

明るい未来を築いて頂けることを
願っています。

ボアソルチ!

株式会社CSI総合研究所
 代表取締役 大高英則

コメント

タイトルとURLをコピーしました